クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

3.ヨーロピアン・アンバー・ラガー


HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE

3A.ヴィエナ[ウィーン]・ラガー

アロマ:やや濃厚なジャーマン・モルトのアロマ(ウィーン・モルトやミュンヘン・モルト)。軽いトースト・モルトのアロマが感じられることもある。オクトーバーフェストに似ているが、それほど強くない。クリーンなラガーの特徴でフルーツのエステルやダイアセチルは無し。ノーブル・ホップのアロマは弱〜感じられない。カラメル・アロマは相応しくない。

外観:明るい赤みがかったアンバー色〜銅色。輝くような透明度。大きく、オフ白の持ちの良い泡。

フレーバー:ソフトで上品なモルトの複雑さが真っ先に感じられ、バランスのとれたフィニッシュを演出するのに十分なホップのしっかりとした苦味を伴う。ウィーン・モルトを使うことによるトースト感。ローストおよびカラメルのフレーバーは無し。かなりドライで、モルトとホップ両方の苦味が後味に残る。ノーブル・ホップのフレーバーは弱〜無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディで穏やかなクリーミーさを伴う。中程度の炭酸。スムース。ややクリスプなフィニッシュ。アルコールによる暖まりを少し感じる場合もある。

総合印象:ソフトで上品なモルト感が特徴で、フィニッシュにおいて甘くならずにドライとなる。

歴史:オリジナルのアンバー・ラガーはAnton Dreher[アントン・ドレハー]によってラガー・イーストが分離されたすぐ後に作られた。発祥地ではほとんど絶滅したものの、メキシコでは1800年代後半にSantiago Graf[サンティアゴ・グラフ]とその他のオーストリア移民のブルワーによって持ち込まれ、今でも存続している。残念ながら、現代の製品は副原料を使ったものがほとんどで、このスタイルの好適な製品である濃厚なモルトの複雑な特徴が弱くなっている。このスタイルの特徴はモルティング方法(ウィーン・モルト)に負うところが大きい。全体的にオクトーバーフェストよりも軽いモルト感ながら、明らかにモルトに傾いたバランス。

コメント:アメリカで造られるものは少々強く、ドライで苦みの強いこともある一方、ヨーロッパで造られる物は甘い傾向にある。かつてはメキシコのアンバー・ラガーやダーク・ラガーにより真正に近いと言われるものが多数あったが、残念ながら現在では甘く、副原料満載のアメリカン・ダーク・ラガーのようになってしまった。

原料:ウィーン・モルトは軽いトースト的で複雑、メラノイジン豊富なモルトの特徴を有する。オクトーバーフェストと同じように、ヨーロッパのホップ(ノーブル種が望ましい)に加えて、最高品質のモルトだけが使われる。やや硬く、炭酸塩の豊富な水。色と甘味を付けるためにカラメル・モルトやさらに色の濃いモルトが使われるが、カラメル・モルトは著しいアロマやフレーバーを、ダーク・モルトはロースト感を付けてはならない。

諸元:OG:1.046 - 1.052, FG:1.010 - 1.014, IBUs:18 - 30, SRM:10 - 16, ABV:4.5 - 5.5%

市販例:Great Lakes Eliot Ness (6.2%でIBU 35は珍しい), Boulevard Bobs 47 Munich-Style Lager, Negra Modelo*, Old Dominion Aviator Amber Lager, Gordon Biersch Vienna Lager, Capital Wisconsin Amber, Olde Saratoga Lager, Penn Pilsner [*印は日本で入手可能なもの]

2010年04月02日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

アドバンストブルーイング