クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

10.アメリカン・エール


アドバンストブルーイング

10A.アメリカン・ペール・エール

アロマ:通常は中〜強力なホップ・アロマでこれはアメリカ種のホップをドライ・ホップまたはレイト・ホップすることにより生ずる。柑橘系のホップ風味が非常に一般的だが必要不可欠ではない。弱〜中のモルティさがホップの風味を支え、少量のスペシャルティ・モルトの特徴(パン、トースト、ビスケット風)があっても良い。フルーティなエステルは中〜無の範囲で変化する。ダイアセチルは無し。ドライ・ホップが(されていれば)草のような特徴を加えることもあるが、この特徴が強すぎてはならない。

外観:薄い金色〜濃いアンバー色。やや大きな白〜オフ白の泡で、持ちが良い。通常は極めて透明だが、ドライ・ホップされたものはわずかに濁っていることもある。

フレーバー:通常は中〜強いホップ・フレーバーで、多くは柑橘系のアメリカ産ホップの特徴を示す(が他のホップ種が使われることもある)。弱〜やや強いクリーンなモルト風味がホップの風味を支え、少量のスペシャルティ・モルトの特徴(パン、トースト、ビスケット風)があっても良い。バランスは典型的にはレイト・ホップと苦味に傾倒しているが、モルト感はしっかりとしている。通常カメラル・フレーバーは控え目または無し。フルーティなエステルは中〜無し。中〜強いホップの苦味でミデアム〜ドライなフィニッシュ。多くの場合ホップのフレーバーと苦味はフィニッシュまで残る。ダイアセチルは無し。ドライ・ホップが(されていれば)草のような特徴を加えることもあるが、この特徴が強すぎてはならない。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。炭酸は中〜強。全体的にスムースなフィニッシュでホップを多用した場合に良く見られる収斂味を伴わない。

総合印象:爽やかでホッピー、さらにそれを支えるモルトを伴う。

歴史:イングリッシュ・ペール・エールをアメリカ風に脚色したもので、アメリカ産の原料(ホップ、モルト、イースト、水)を反映している。イングリッシュ・ペール・エールと比べると色が薄く、発酵副生成物がよりクリーンで、カラメル風味が弱いものが多い。

コメント:アメリカン・ペール・エールとアメリカン・アンバー・エールでは一部色の重複するところがある。アメリカン・ペール・エールは通常クリーンで、カラメル的なモルト風味が弱く、ボディが弱く、多くは仕上げのホップが多い。

原料:ペール・エール・モルト、一般にはアメリカ産二条。アメリカ産ホップ、常ではないが大抵は柑橘系の特徴。アメリカン・エール・イースト。水の硫酸塩含有量は一様でないが炭酸塩の含有量は比較的低い。スペシャル・グレイが特徴と複雑さを加えることがあるが、一般的には使用穀物に比べて少ない。モルト・フレーバーや濃厚さ、軽い甘味、トーストまたはパンの風味を付加するグレインが銘柄を区別するために(レイト・ホップと併せて)良く使われる。

諸元:OG:1.045 - 1.060, FG:1.010 - 1.015, IBUs:30 - 45, SRM:5 - 14, ABV:4.5 - 6.2%

市販例:Sierra Nevada Pale Ale*, Stone Pale Ale, Great Lakes Burning River Pale Ale, Bear Republic XP Pale Ale, Anderson Valley Poleeko Gold Pale Ale, Deschutes Mirror Pond, Full Sail Pale Ale, Three Floyds X-Tra Pale Ale, Firestone Pale Ale, Left Hand Brewing Jackman's Pale Ale [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月08日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

残りわずかとなりました。注文はお早めに!

10B.アメリカン・アンバー・エール

アロマ:弱〜中のホップ・アロマでドライ・ホップまたは煮沸の最終段階で投入されたアメリカン・ホップ種が由来。柑橘系ホップの特徴が普通だが、必要不可欠ではない。やや弱〜やや強いモルトさがホップとバランスし時にはそれを隠し、通常は中程度のカラメル風味を示す。エステルは中〜無まで様々。ダイアセチルは無し。

外観:アンバー〜銅のような茶色。やや大きめでオフ白の泡で持ちは良い。一般には極めて透明だがドライホップしたものはわずかに濁ることもある。

フレーバー:アメリカ産ホップ種由来の中〜強いホップ・フレーバーで、必ずではないものの多くの場合は柑橘系の資質。モルト・フレーバーは中〜強、多くは最初にモルトの甘味それに続いて中程度のカラメル・フレーバーを示す(さらに別の特徴を持つモルトがわずかに表れることもある)。モルトとホップの苦味は通常はつり合っており互いに支え合う。フルーツのエステルは中〜無し。カラメルの甘味とホップのフレーバー/苦味はミデアム〜フルのフィニッシュまで多少残る。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム〜ミデアム・フルのボディ。炭酸は中〜強。総合的にスムースなフィニッシュで、高ホップ比にたびたび関連して出てくる収斂味は無い。強い製品では少々アルコールの暖かみがある。

総合印象:アメリカン・ペール・エールのボディを強め、カラメルの濃厚さを強め、ホップよりもモルト側にバランスさせた(とは言えホップ割合はかなりの)感じのビール。

歴史:単にレッド・エールとして知られている地域もあり、これらのビールがアメリカ全土に広がる前にはホップを愛してやまない北カリフォルニアおよび太平洋岸北西地域で人気を博した。

コメント:アメリカン・ペール・エールと色が一部重複する。しかしながら、アメリカン・アンバー・エールはアメリカン・ペール・エールとは通常色が濃いという違いだけでなく、より強いカラメル・フレーバー、より強いボディ、通常はモルトと苦味がより均等にバランスしていると言った違いがある。アメリカン・ブラウン・エールを連想させる強いチョコレートあるいはローストの特徴はあってはならない(少量ならば良い)。

原料:ペール・エール・モルト、一般的にはアメリカ産二条。中〜濃いクリスタル・モルト。付加的な特徴と独自性を追加するスペシャルティ・グレインを含むこともある。アメリカン・ホップ、多くは柑橘系のフレーバーを伴う、が一般的だが他品種も使われる。水は硫酸塩と炭酸塩の含有量に変化あり。

諸元:OG:1.045 - 1.060, FG:1.010 - 1.015, IBUs:25 - 40, SRM:10 - 17, ABV:4.5 - 6.2%

市販例:North Coast Red Seal Ale, Tröegs HopBack Amber Ale, Deschutes Cinder Cone Red, Pyramid Broken Rake, St. Rogue Red Ale, Anderson Valley Boont Amber Ale, Lagunitas Censored Ale, Avery Redpoint Ale, McNeill's Firehouse Amber Ale, Mendocino Red Tail Ale, Bell's Amber [日本での入手は難しい]

2010年04月01日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

3月1日暫定オープン!

10C.アメリカン・ブラウン・エール

アロマ:モルティ、甘くて濃厚で、多くはチョコレートやカラメル、ナッツ、トーストの性質。ホップ・アロマは一般的に弱〜中。スタイルの解釈により、(全て任意だが)より強いホップ・アロマ、柑橘系のアメリカン・ホップの特徴、新鮮なドライホップ・アロマ等を特色とするものがある。フルーツのエステルは中〜非常に弱い。ダーク・モルトの風味は他のブラウン・エールに比べてより強力だが、ポータの様なほど過度ではない。モルトとホップは通常はつり合っている。ダイアセチルはやや弱〜無し。

外観:明るい〜非常に濃い茶色。透明。少〜中のオフ白〜明るいタン色の泡。

フレーバー:中〜強いモルトのフレーバー(多くはカラメルやトースト、チョコレート等のフレーバーを伴う)で、中〜中強の苦味を伴う。ミデアム〜ミデアム・ドライのフィニッシュがモルトとホップの両者が利いた後味をもたらす。ホップ・フレーバーは弱〜中で、柑橘系の特徴を持つものもある。非常に弱〜中のフルーツのエステル。ダイアセチルはやや弱〜無し。

マウスフィール:ミデアム〜ミデアム・フルのボディ。より苦い製品はドライで樹脂の様な印象がある。中〜やや強い炭酸。強い製品はフィニッシュにアルコールの暖かみがある。

総合印象:より強く、モルティで、ホッピーなノーザン・イングリッシュ・ブラウン・エール、あるいはホッピーだがモルト感の少ないブラウン・ポーターと考えられ、多くはアメリカ産ホップ種の特徴である柑橘系の強いホップ風味を包含する。

コメント:強力に風味のある、ホッピーな茶色のビールでアメリカのホーム・ブルワーによって発明された。アメリカン・ペール・エールとアメリカン・アンバー・エールと同種類だが、カラメルやチョコレートの特徴が強く、ホップの苦味とフィニッシュにバランスしがち。市販のアメリカン・ブラウンのほとんどはオリジナルのホームブルー品や最近のクラフト・ブルー品ほど強烈ではない。IPAくらい強いブラウン・エールはスペシャルティ・ビア・カテゴリー(23)にエントリーすること。

原料:良く発芽したペール・モルト、これはアメリカ産とヨーロッパ産のどちらでも良く、加えてクリスタルやより濃いモルトが入る。アメリカ産ホップが一般的だが英国産またはノーブル・ホップもまた使われる。中程度に炭酸塩を含んだ水がダーク・モルトの酸性度と適度につり合う。

諸元:OG:1.045 - 1.060, FG:1.010 - 1.016, IBUs:20 - 40, SRM:18 - 35, ABV:4.3 - 6.2%

市販例:Bell's Best Brown, Smuttynose Old Brown Dog Ale, Big Sky Moose Drool Brown Ale, North Coast Acme Brown, Brooklyn Brown Ale, Lost Coast Downtown Brown, Left Hand Deep Cover Brown Ale [日本での入手は難しい]

2010年04月01日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。