クイック・メニュー

 

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/styles.php on line 131
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

16.ベルジャン&フレンチ・エール


HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE

16D.ビエール・ド・ギャルド

アロマ:顕著なモルトの甘味、多くの場合複雑で弱〜中のトーストの特徴を伴う。少々のカラメル感はあっても良い。弱〜中くらいのエステル。ほとんど〜全く感じられない程度の(少しスパイスまたはハーブの)ホップ・アロマ。市販品では多くの場合、カビ、森、地下室のような特徴があり、ホーム・ブルーで再現するのは難しい。色の薄いものはモルティではあるが濃厚さ、奥行きのある芳香に欠け、ホップ・アロマがもう少し強い。ダイアセチルは無し。

外観:大きく分けて三種類(ブロンド、アンバー、ブラウン)あり、色はゴールデン・ブロンド〜赤みがかったブロンズ〜栗の茶色。透明度は良い〜悪いが、多くは無濾過であるこの種のビールに濁りは十分あり得る。高炭酸のおかげで良く立った泡は、通常は白〜オフ白(ビールの色によって変わる)。

フレーバー:中〜強いモルトのフレーバーで多くの場合トースト、トフィーまたはカラメルのような甘味を伴う。モルト・フレーバーや複雑さはビールの色が濃くなるほど増大する傾向がある。弱〜中のエステルとアルコール・フレーバー。中弱のホップの苦味がちょっとした脇役となるが、バランスとしてはモルトよりに傾いている。モルト・フレーバーはフィニッシュまで続くがフィニッシュはミデアム・ドライ〜ドライで甘ったるいと言うことはない。アルコールによってフィニッシュがさらにドライになることもある。ホップ・フレーバーは弱〜無しだが、色の薄いものは少々強めのハーブまたはスパイシーなホップ・フレーバー(イースト由来のものもある)がある。スムースで十分にラガーリングされた特徴を有する。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム〜ミデアム・ライト(薄い)ボディで多くの場合スムースで舌ざわりが良い。中〜強の炭酸。中くらいのアルコールだが非常にスムースで刺激的でない。

総合印象:そこそこ強く、モルトの利いた、ラガーリングされた職人的な農家製ビール。

歴史:文字どおりの意味は“保存または貯蔵されたビール”。フランス北部発祥の伝統的な職人的な農家製エールで熱い時期に消費する目的で春先に作られ寒い地下室で保存された。今では一年を通して作られる。ベルジャン・セゾンに近く、主たる違いはビエール・ド・ギャルドはより円熟しており、濃厚で、甘く、モルト主体で、多くの場合“地下室”の特徴を有し、セゾンのスパイスとタートさを欠く点である。

コメント:大ざっぱにブラウン(brune)、ブロンド(blonde)、アンバー(ambre´e)の3種類に分けられる。色の濃い種ではモルト風味がより強く、色の薄い種ではよりホップが強い(とは言ってもモルト主体のビールである)。近いスタイルにビエール・ド・マルスがあり、これは日々の消費用に3月(マルス)に作られエイジングはしないものである。発酵率は80〜85%。ボディのより強い製品も存在するが少々珍しい。

原料:市販品にある“地下室”の特徴は土着のイーストやカビがもたらすため、ホームブルーで再現することはほぼ不可能と思われる。市販品の多くは“コルク”臭、ドライ、収斂味といった特徴を有し、良く“地下室のような”と間違って認識される。それゆえホームブルー品は[市販品と比べて]クリーンであることが普通。ベース・モルトはビールの色によって違うが、通常ペール、ウィーン、ミュンヘン・タイプが計上される。[カラメルの風味が]あるならクリスタル・モルトよりも釜でのカラメル化による傾向にある。色の濃い種ではクリスタル・タイプのモルト由来の濃厚なモルトの複雑さや甘味がある。フレーバー付けやドライなフィニッシュにするための補助として砂糖が使われることもある。ラガーまたはエール・イーストを使って低いエールの発酵温度帯で発酵させ、その後、長い低温でのコンディショニング(市販品では4〜6週間)が取られる。軟水。フローラル、ハーブ、スパイス等の特徴を有するヨーロッパ産ホップ。

諸元:OG:1.060 - 1.080, FG:1.008 - 1.016, IBUs:18 - 28, SRM:6 - 19, ABV:6 - 8.5%

市販例:Jenlain* (アンバー), Jenlain Bière de Printemps (ブロンド), St. Amand* (ブラウン), Ch'Ti Brun (ブラウン), Ch'Ti Blond* (ブロンド), La Choulette (3種類), La Choulette Bière des Sans Culottes (ブロンド), Saint Sylvestre 3 Monts (ブロンド), Bière Nouvelle (ブラウン), Castelain (ブロンド), Jade (アンバー), Brasseurs Bière de Garde (アンバー), Southampton Bière de Garde (アンバー), Lost Abbey Avante Garde (ブロンド) [*印は日本で入手可能なもの]


Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/functions.php on line 74

2010年03月24日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。