クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

6.ライト・ハイブリッド・ビア


ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。

6A.クリーム・エール

アロマ:かすかなモルト感。甘く、トウモロコシの様なアロマと低レベルのDMSが共通して感じられる。ホップ・アロマは弱〜無し。様々なホップが使われるが、ホップもモルトも突出しない。かすかなエステルが感じられる製品もあるが、必要不可欠ではない。ダイアセチルは無し。

外観:薄いワラ色〜普通の金色だが、多くは薄めの色。少〜中の泡で、中〜高の炭酸。副原料を使っているため泡持ちはそれなりに良い。鮮やかで、きらめくような透明度。

フレーバー:弱〜中弱のホップの苦み。弱〜中のモルティさと甘さで、比重と醗酵率によって様々。通常は高い醗酵率。モルトもホップも味的に突出していない。DMSと同様に副原料のトウモロコシ由来の弱〜中の穀物的なフレーバーが共通して感じられる。フィニッシュはややドライなもの〜トウモロコシ、モルト、砂糖由来のかすかに甘いものまで様々。かすかなフルーツのエステルが会っても良い。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:通常は軽くてクリスプだが、ボディはミデアムまで達することがある。中〜高発酵率でスムースなマウスフィールで発酵が高くなるにつれ“渇きをいやす”フィニッシュが加わる。高炭酸。比重が高い製品はわずかにアルコールの暖かみを示す。

総合印象:クリーンで、良く発酵した、風味豊かなアメリカン“芝刈り機”ビール。

歴史:アメリカン・ラガー・スタイルのエール版。北東部と中部大西洋岸諸州のラガー醸造者らに対抗するためにエール醸造者らによって作られた。当初はスパークリングまたは現代で言うところのエールとして知られており、ラガー種を使っているブルワーもいた(今でもたまに使われている)が、歴史的にはエール種とは混同されない。カーボネーションのためにクラウゼニングされる場合が多い。低温熟成は伝統的ではないものの現代ではたまに使われる。

コメント:クラッシック・アメリカン(禁酒法以前の)クリーム・エールはわずかに強く、(ドライ・ホップ等も含めて)ホップが利いており苦みも強い(IBUで25〜30強)。これらの作品はスペシャルティ/エクスペリメンタル・カテゴリーにエントリーすること。ほとんどの市販品は初期比重が1.050〜1.053の範囲にあり、苦みが20IBUを越えることはめったにない。

原料:アメリカ産の原料が最も一般的に使われる。六条麦芽、または六条と北アメリカ産二条の配合と言った穀物原料が一般的。副原料には20%までのフレークト・メイズがマッシュ時に、20%までのグルコースまたは他の糖が煮沸時に含まれることがある。軟水が好ましい。様々な種類のホップがビタリングとフィニッシュに使われる。

諸元:OG:1.042 - 1.055, FG:1.006 - 1.012, IBUs:15 - 20, SRM:2.5 - 5, ABV:4.2- 5.6%

市販例:Genesee Cream Ale, Little Kings Cream Ale (Hudepohl)*, Anderson Valley Summer Solstice Cerveza Crema, Sleeman Cream Ale, New Glarus Spotted Cow, Wisconsin Brewing Whitetail Cream Ale [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE

6B.ブロンド・エール

アロマ:軽〜中程度に甘いモルティなアロマ。弱〜中程度のフルーティーさは任意だがあっても良い。弱〜中程度のホップ・アロマがあり、ほとんどのホップ種が使われる。ダイアセチルは無し。

外観:薄い黄色〜濃い金色。透明〜輝く様な透明。少〜中程度の白い泡で、泡持ちは並〜良い。

フレーバー:最初に柔らかなモルトの甘みがあるが、軽い特徴を持つモルトのフレーバー(例えばパンやトースト、ビスケット、小麦など)が感じられても良い。カラメルのフレーバーは一般的には感じられない。弱〜中程度のエステル類は任意だが、多くの製品では良く見受けられる。軽〜中程度のホップ・フレーバー(どんな種類でも)があるが、過度に強力ではならない。弱〜中程度の苦みだが、通常はモルト側に傾いている。フィニッシュはミデアム・ドライ〜やや甘め。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。中〜高い炭酸。スムースで、ざらざらした苦みや収斂味は無い。

総合印象:飲みやすく、親しみやすい、モルト志向のアメリカン・クラフト・ビール。

歴史:現在では多くの(アメリカの)マイクロブルワリーやブルーパブで製造されている。地域に特化した製品(西海岸のブルーパブで製造されている多くの製品はペール・エールのようによりハッキリとした特徴的を持つ)も存在するが多くの地域ではこのビールはクラフト・ビールへの入門的な位置づけとして設計されている。

コメント:一般的なアメリカン・ブロンド・エールに加えて、このカテゴリーには現代的なイングリッシュ・サマー・エール、アメリカン・ケルシュ・ビール、ほとんど特徴のない[大人しい]アメリカンおよびイングリッシュ・ペール・エールが含まれる。

原料:通常はオール・モルトだが25%までの小麦または糖類を含むこともある。様々なホップ種が使われる。クリーンなアメリカン・タイプ、軽くフルーティーなイングリッシュ・タイプもしくはケルシュ・タイプのイースト。ラガー・イーストで作られたり低温熟成がなさることもある。ハチミツ、スパイス、フルーツ等が添加される製品もあるが、こう言った原料が下地のフレーバーよりも強い場合はスペシャルティ[23]やスパイス[21A]、フルーツ・ビール[20]のカテゴリーにエントリーすること。エクストラクトで作る場合は最も色の薄いモルト・エキスを用い、煮込みによるカラメル化を避けること。

諸元:OG:1.038 - 1.054, FG:1.008 - 1.013, IBUs:15 - 28, SRM:3 - 6, ABV:3.8 - 5.5%

市販例:Pelican Kiwanda Cream Ale, Russian River Aud Blonde, Rogue Oregon Golden Ale, Widmer Blonde Ale, Fuller's Summer Ale, Hollywood Blonde, Redhook Blonde

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

アドバンストブルーイング

6C.ケルシュ

アロマ:ピルス・モルトのアロマが非常に弱い〜無し。発酵に由来する心地よい、微妙にフルーツ(リンゴ、チェリー、洋梨)のアロマがあっても良いが常にあるとは限らない。弱いノーブル・ホップのアロマは任意で、[あったとしても]スタイル違いではない(ごく少数のオリジナルに見られる)。わずかにワインや硫黄のような風味を付けるイーストもある(この特徴もまた任意で、[あったとしても]欠陥ではない)。

外観:非常に薄い金色〜明るい金色。オリジナルは鮮やかな透明にするためにフィルターされる。繊細な白い泡で持ちは良くないこともある。

フレーバー:柔らかく円熟した味覚は、ソフトなのに良く発酵したモルト、ほとんど感じられない発酵由来のフルーティな甘味、繊細なドライさとフィニッシュにわずかに口をすぼめる(が後味にザラザラ感がない)中弱〜中の苦味、の性質を兼ね備えた繊細なフレーバーのバランスで構成される。ノーブル・ホップのフレーバーは弱〜やや強まで変化するが中弱〜中のものがほとんど。顕著なモルティな甘味が出ているもの(Domが最も有名)が多少ある。わずかに鉱物や硫黄のような水またはイーストの特徴が感じられる製品もあり、この特徴によりドライさとフレーバーのバランスが引き立つ。わずかに小麦の味がする製品もあるがきわめて稀。その他は非常にクリーンでダイアセチルやフーゼルは無し。

マウスフィール:スムースでクリスプ。ミデアム・ライト・ボディだがミデアム・ボディの製品も若干ある。中〜中強の炭酸。通常は十分に発酵される。

総合印象:クリーンでクリスプで繊細にバランスしたビールで、通常、非常に微妙なフルーツ・フレーバ&アロマを伴う。首尾一貫した控えめなモルト感によって、フィニッシュは心地よく爽やかな風味。経験の浅いテイスターにはライト・ラガー、ちょっとしたピルスナー、ひょっとするとブロンド・エールに間違えられる。

歴史:ケルシュはケルシュの規約によって保証された称号で、ケルンとその周辺にある20くらいの醸造所に限定されている。規約では単に“ライトで良く発酵させ、ホップを強調した透明な上面発酵のフォルビア[初期比重11-14%のビール(ドイツの酒税で定義されているビールのひとつ)]”と定義されている。

コメント:“シュタンゲ”と呼ばれる細長い200mlのグラスでサーブされる。ケルンのブルワリーでは各々違った特徴のビールを作っており、Konvention(規約)を微妙に違う解釈をしている。ジャッジの時にはスタイルにあるバリエーションの範囲を考慮すること。よりドライな例ではIBU値が示すよりもホッピーにまたはビターに感じられことがある。繊細なフレーバーが特徴のため、ケルシュは比較的短い賞味期限になる傾向があり、古くなったものは酸化の欠陥を示すことがある。Wiess(ヴィース)として知られる若く、無濾過のものを作っているケルンのブルワリー(例えばドムやヘラーズ)もある(このカテゴリーにエントリーしないこと)。

原料:ドイツ産ノーブル・ホップ(ハラタウ、テトナング、スパルト、ハスブルッカー)。ドイツ産ピルスまたはペール・モルト。高発酵のクリーンなエール・イースト。20%までの小麦が使われることもあるが、オリジナルではきわめて稀。水は極軟水〜やや硬水といろいろ。伝統的にはステップ・マッシングが使われるが149℉[65℃]のシングル・レストでも良い結果が得られる。涼しいエール温度(59-65℉[15-18.3℃])で発酵され、少なくとも一ヶ月間のラガーリングが置かれるが、多くのケルンのブルワリーでは70℉で発酵しラガーリングは二週間以下である。

諸元:OG:1.044 - 1.050, FG:1.007 - 1.011, IBUs:20 - 30, SRM:3.5 - 5, ABV:4.4 - 5.2%

市販例:ケルンだけで入手可能なもの:PJ Früh, Hellers, Malzmühle, Paeffgen, Sion, Peters, Dom*;北アメリカの一部で輸入品が入手可能なもの:Reissdorf, Gaffel;ドイツ産ではないもの:Eisenbahn Dourada, Goose Island, Summertime, Alaska Summer Ale, Harpoon Summer Beer, New Holland Lucid, Saint Arnold Fancy Lawnmower, Capitol City Capitol Kölsch, Shiner Kölsch[*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

3月1日暫定オープン!

6D.アメリカン・ウィートまたはライ・ビール

アロマ:弱〜中の穀物的な小麦またはライ麦の風味。いくばくかのモルトの甘味はあっても良い。エステルは中〜無だがアメリカン・イーストの特徴が表れていること。ジャーマン・ヘフヴァイツェンに見られるクローブやバナナのアロマは不適切。ホップ・アロマは弱〜中で、柑橘系のアメリカン・ホップの風味、あるいはスパイシーまたはフローラルなノーブル・ホップの風味のどちらでも良い。わずかにクリスプなシャープさは任意[あってもなくても良い]。ダイアセチルは無し。

外観:通常は薄い黄色〜金色。透明度は鮮やかなものからジャーマン・ヘフヴァイツェンに近いイーストで濁ったものまで様々。大きく持ちの良い白い泡。

フレーバー:軽〜やや強い穀物的な小麦またはライ麦のフレーバで最後まで消えずに残る。ライ・ビールの方が小麦ビールよりも濃厚でスパイシー。中程度のモルトの甘みがあったり、フィニッシュが極めてドライであったりしても良い。ホップの苦みは弱〜中程度で、最後まで尾を引くこともある。弱〜中程度のホップ・フレーバー(柑橘系のアメリカ種あるいはスパイシーまたはフローラルなノーブル種)。エステルは中〜無しだが、ジャーマン・ヴァイツェンの特徴(バナナ風味)を帯びていてはならない。クローブのフェノールは不可だが、小麦やライ麦由来の軽いスパイス風味は可。わずかにクリスプまたはシャープなフィニッシュ。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。炭酸は中強〜強。強い製品ではアルコールによる暖まり感が少しある。

総合印象:ドイツ版に比べてホップの特徴を前面に出し、イーストの特徴を控えめにした、爽快な小麦またはライ麦のビール。

コメント:飲みやすく結構甘いものから小麦またはライ麦の強力なフレーバーを伴い大量にホップを使ったドライなものまで様々なバリエーションがある。デュンケルヴァイツェンに似ている(色だけでなく濃色で濃厚なモルト・フレーバーを伴う)色の濃い製品はスペシャルティ・ビアのカテゴリーにエントリーすること。ライ麦を使った場合はその旨を明記すること。主となるグレインが明記されていない場合は小麦がそれだと仮定して審査する。

原料:クリーンなアメリカン・エールのイーストだがラガーとして作られることもある。小麦モルトが大部分を占める(多くは50%かそれ以上であるがドイツのように法律で決まっているわけではない)。アメリカ種またはノーブル種のホップ。アメリカン・ライ・ビールは小麦の一部または全てをライ麦で置き換えた同じガイドラインに従うこと。他のベース・スタイル(例えばIPAやスタウト)で顕著なライの特徴を有する作品はスペシャルティ・ビア・カテゴリ(23)にエントリーすること。

諸元:OG:1.040 - 1.055, FG:1.008 - 1.013, IBUs:15 - 30, SRM:3 - 6, ABV:4 - 5.5%

市販例:Bell's Oberon, Harpoon UFO Hefeweizen, Three Floyds Gumballhead, Pyramid Hefe-Weizen, Widmer Hefeweizen, Sierra Nevada Unfiltered Wheat Beer, Anchor Summer Beer, Redhook Sunrye, Real Ale Full Moon Pale Rye

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

残りわずかとなりました。注文はお早めに!