クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

9.スコティッシュ&アイリッシュ・エール


HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE

9D.アイリッシュ・レッド・エール

アロマ:弱〜中のモルト・アロマで、通常はカラメルの様だが時折トーストまたはトフィーの様な場合もある。(必須ではないが)軽いバターのような風味がすることもある。ホップ・アロマは弱〜無し(普通は感じられない)。極めてクリーン。

外観:アンバー〜濃い赤銅色(ほとんどの製品は濃赤っぽい)。クリアー。少なめのオフ白〜タン色の泡。

フレーバー:中程度のカルメル・モルトのフレーバーと甘さ、時折バターつきのトーストまたはトッフィーの様な資質を伴う。フィニッシュはロースト・グレインの軽い味わいで、これにより特徴的なドライさが加わる。通常フレーバー・ホップは無いが軽いイングランド産ホップのフレーバーがある製品も存在する。ホップの苦味は中弱だが、ロースト・グレインを少し使うことで中程度の苦味に感じるようになる。ミデアム・ドライ〜ドライなフィニッシュ。クリーンでスムース(ラガーリングしたものは非常にスムースになる)。エステルは無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムなボディだが、低濃度のダイアセチルを含む製品ではわずかに滑らかなマウスフィールとなることもある。中程度の炭酸。スムース。中程度の発酵率(スコティッシュ・エールより高め)。[アルコールの]強い製品ではアルコールによる暖かみがわずかに感じられることもある。

総合印象:飲みやすいビール。モルト中心で、最初に甘味、最後にローストのドライ感がある。

コメント:ラガーとして作られることがある(その場合、通常ダイアセチルの特徴は表れない)。サービングが冷たすぎる場合、ロースト感と苦味がより強まる様に感じることがある。

原料:副原料(コーン、米、砂糖)を含む場合もあるが、過度の使用はビールの特徴を損なう。赤みがかった色とドライなローストのフィニッシュを加えるために通常は少量のロースト・バーレイを含む。英国またはアイルランドのモルト、ホップ、イースト。

諸元:OG:1.044 - 1.060, FG:1.010 - 1.014, IBUs:17 - 28, SRM:9 - 18, ABV:4.0 - 6.0%

市販例:Three Floyds Brian Boru Old Irish Ale, Great Lakes Conway's Irish Ale (6.5%と少々強め), Kilkenny Irish Beer, O'Hara's Irish Red Ale, Smithwick's Irish Ale, Beamish Red Ale, Caffrey's Irish Ale, Goose Island Kilgubbin Red Ale, Murphy's Irish Red (ラガー), Boulevard Irish Ale, Harpoon Hibernian Ale

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。