クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

11.イングリッシュ・ブラウン・エール


ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。

11B.サザン・イングリッシュ・ブラウン

アロマ:モルトの甘み、多くは濃厚、カラメル、トフィーのような特徴を伴う。ややフルーティ、多くはプラムやレーズンと言ったダーク・フルーツの風味を持つ。非常に弱〜無のホップ・アロマ。ダイアセチルは無し。

外観:明〜暗い茶色、ほとんど黒であることも。不透明に近いが、識別できるようであれば比較的透明。少〜中のオフ白〜タン色の泡。

フレーバー:濃く、カラメルまたはトフィーの様なモルトの甘い味覚がフィニッシュまで残る。ビスケットやコーヒーを思わせるのが一般的。中程度のダーク・フルーツの複雑さがある。弱いホップの苦味。ホップ・フレーバーは弱〜存在しない。ほとんどまたは全く知覚できないローストまたは苦いブラック・モルトのフレーバー。やや甘いフィニッシュで、スムース、モルティな後味を伴う。弱〜無のダイアセチル。

マウスフィール:ミデアム・ボディだが残留する甘みによる重たい印象。弱〜やや弱い炭酸。特にその比重を考えると、極めてクリーミーでスムースな舌触り。

総合印象:風味の良い、モルト指向のブラウン・エールで、モルト・フレーバーにカラメルやダーク・フルーツの複雑さを伴う。スイート・スタウトの弱いものまたは色の濃いマイルドの甘いものにどことなく似ている様に見える。

歴史:イングリッシュ・ブラウン・エールは一般的に地理上の線に沿ってサブスタイルに分けられる。サザン・イングリッシュ(または“ロンドン・スタイル”)ブラウン・エールはノーザンのそれに比べてより濃く、より甘いものの、比重は低い。ワインのような大桶に入れられたポーターやあまり美味しくなかったマイルドに対抗して20世紀初頭に瓶詰め製品として開発された。ロンドンの上水道に良く適している。

コメント:稀有になりつつあり、Mann'sがブリテン島では90%以上の市場を独占している。色の濃いマイルドを瓶詰めしたものと考える人もいるが、このスタイルは実際に現存する全てのマイルドに比べて甘い。

原料:英国産ペール・エール・モルトをベースにかなりのダーク・カラメル・モルトとたいていは少量のロースト(ブラック)モルトと小麦モルトが入る。中〜高炭酸塩水がダーク・モルトの酸味と適度につり合う。英国産ホップ種が最もオリジナル風だが、弱いフレーバーと苦味を伴うほとんどどんな種類でも使われる。

諸元:OG:1.033 - 1.042, FG:1.011 - 1.014, IBUs:12 - 20, SRM:19 - 35, ABV:2.8 - 4.1%

市販例:Mann's Brown Ale (瓶詰めだがアメリカでは入手不可), Harvey's Nut Brown Ale, Woodeforde's Norfolk Nog [日本での入手は難しい]

2010年03月27日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

3月1日暫定オープン!