クイック・メニュー

 

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/styles.php on line 131
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

22.スモーク・フレーバ/ウッド・エイジ・ビア


3月1日暫定オープン!

22B.アザー・スモーク・ビア

アロマ:アロマは下地となるビールから期待されるアロマ(例えば、ロブスト・ポータ)とスモーク・モルトを使うことにより添えられるスモーク感が心地良くバランスしていること。スモークの強度と特徴および下地となるビア・スタイルは様々で、バランスにおいてどちらかが目立つ。スモーク感も弱〜強烈まで変化するが、良くできた製品を語る上では全体的な体裁が鍵。スモークの質および二次的な特徴はスモークの原料(例えば、ピート、ハンノキ、オーク[ナラ]、ブナ)を反映する。鋭く、フェノール、ザラザラした、ゴムあるいは焦げと言ったスモークから出る芳香は相応しくない。

外観:様々。外観は下地となるビア・スタイルを反映していなければならないが、素の下地スタイルに比べてビールの色は僅かに濃くなることが多い。

フレーバー:アロマと同様、スモーク感と下地となるビア・スタイルから期待されるフレーバーの特徴が良くバランスしていること。スモーク感は弱〜強烈まで変化することがある。スモークのフレーバーは使用するモルトのタイプによって、木材〜多少ベーコン風味まで及ぶ。ピートでスモークしたモルトは土のような感じを付ける。下地ビールの特徴とスモークのバランスは変化するが、融合した結果は多少バランスし、かつ楽しめること。スモークはフィニッシュに少々ドライ感を加える。ザラザラ、苦味、焦げ、炭、ゴム、硫黄あるいはフェノール的な煙の特徴は一般に相応しくない(とは言うものの、下地スタイルにこれらの特徴が表れていることもあるが、スモーク・モルトはこれらのフレーバーに寄与しないこと)。

マウスフィール:下地となるビア・スタイルにより様々。顕著な収斂味、フェノールのスモークから出るザラザラは相応しくない。

総合印象:これはフレーバーやアロマとしてスモークが中心的なバンベルク・スタイル・ラオホビア(すなわちブナで燻したメルツェン)以外のビール。スモーク、ホップ、モルトの特徴をバランス良く組み合わせることが良い製品に繋がる。

歴史:スモーク・モルトを使った製法は最近になってクラフト・ブルワー達が、とりわけポーターやストロング・スコッチ・エールといった他のスタイルに取り入れている。ドイツ人ブルワー達は伝統的にスモーク・モルトをボック、ドッペルボック、ヴァイツェン、デュンケル、シュバルツビア、ヘレス、ピルスナー、他のスペシャルティ・スタイルに使ってきた。

コメント:どんなスタイルのビールもスモークされ得るが、最終的にはスモークの特徴と下地となるビア・スタイルが心地良くバランスしていること。 このビールが伝統的なスタイル(例えばロブスト・ポータといった)を下地としている場合、具体的なスタイルを明記すること。必ずしも伝統的なスタイルを挙げなくても良い(例えば“ポータ”や“ブラウン・エール”等は可)。もし“特定の品種”の特徴が顕著な場合はスモークに使った木の種類またはその他の出所を明記すること。 伝統的なスタイルを挙げたエントリーはそのスタイルが良く再現されているか、スモークの特徴と良くバランスしているかに基づいて審査される。特定のスモークの種類を挙げたエントリーはそのスモークの種類が良く認識できるか、下地スタイルと一体となっているかに基づいて審査される。特定の伝統的なスタイルまたはスモークの種類は特定される必要はない。例えば、“スモークド・ポーター”は“ピート・スモークド・ストロング・スコッチ・エール”としても“チェリー・ウッド・スモークド・IPA”としても同様に受け入れられる。ジャッジは主として全体的なバランスに基づいてビールを審査し、加えてスモークがその下地のビールを如何に高めているかを審査すること。

原料:モルトをスモークする時に異なる原料を使うと、特有なフレーバーおよびアロマの特徴となる。ブナ、ピート、または他の硬材(オーク[ナラ]、メープル[カエデ]、メスキート、ハンノキ、ペカン、リンゴ、サクラ、他の果樹材)でスモークしたモルトが使われる。燻製によって使われる木材が異なるので、木材によって連想される燻製が変わる(例えば、ヒッコリーはリブ、カエデはベーコンやソーセージ、ハンノキはサーモン)。常緑樹の木はモルトに薬や松のフレーバーを付けるので使われない。過度にピートでスモークしたモルトは鋭い、突き刺すようなフェノール、泥のような土っぽさのため一般的に好ましくない。残りの原料はベース・スタイルにより異なる。もしスモーク・モルトが他の変わった原料(フルーツ、野菜、スパイス、ハチミツ等)と組み合わさり顕著な量がある場合、そのビールはスペシャルティ/エクスペリメンタル・カテゴリーにエントリーすること。

諸元:下地となるビア・スタイルにより様々。

市販例:Alaskan Smoked Porter, O'Fallons Smoked Porter, Spezial Lagerbier, Weissbier and Bockbier, Stone Smoked Porter, Schlenkerla Weizen Rauchbier and Ur-Bock Rauchbier, Rogue Smoke* [登別地獄谷燻し麦酒], Oskar Blues Old Chub, Left Hand Smoke Jumper, Dark Horse Fore Smoked Stout, Magic Hat Jinx [*印は日本で入手可能と思われるもの]


Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/functions.php on line 74

2010年05月01日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

アドバンストブルーイング