クイック・メニュー

 

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/styles.php on line 131
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

18.ベルジャン・ストロング・エール


アドバンストブルーイング

18E.ベルジャン・ダーク・ストロング・エール

アロマ:複雑で、濃厚なモルトの甘味、顕著なエステルとアルコール、任意の軽〜中のスパイス感を伴う。モルトは濃厚で強力、ミュンヘン風の資質を持ち、カラメル、トースト、パンのアロマを伴うことが多い。フルーツ・エステルは強〜やや弱、レーズン、プラム、ドライ・チェリー、イチジク、プルーンの風味を有することがある。スパイスのフェノールが感じられることもあるが、通常は胡椒の資質でクローブ風ではない。アルコールはソフト、スパイス、香水、バラのようで、弱〜中の強さ。ホップは通常感じられない(けれども非常に弱いノーブル・ホップのアロマは許容される)。ダイアセチルは無し。ダーク/ロースト・モルトのアロマは無し。刺激的なアルコールやシンナーのようなアロマは無し。認識できるスパイス添加も無し。

外観:濃いアンバー色〜濃い銅のような茶色(ここで言う“濃い”は“金色よりもより濃い色”を指す)。とても大きく、緻密で、ムースのような、持ちの良いクリーム〜明るいタン色の泡。透明〜多少濁ることもある。

フレーバー:アロマ同様(モルト、エステル、フェノール、アルコール、ホップ、スパイスのコメントがフレーバーについても同様に当てはまる)。ややモルト的または甘い味覚。フィニッシュは解釈により異なる(真正のトラピストはややドライ〜ドライ、アビィはミデアム・ドライ〜スイート)。この強さのビールにしては弱い苦味で、アルコールがモルトに対してバランスは取る。より甘くフル・ボディのビールはバランスのため強めの苦味となる。ほとんど全ての製品がモルト寄りのバランスだが、軽い苦味寄りの製品もないことはない。複雑で変化に富んだフレーバーがスムースにそして調和して溶け込んでいること。

マウスフィール:高炭酸だが炭酸による“ヒリヒリ”とした酸味(acid)は無し。スムースだが顕著なアルコールによる暖かみ。ボディは解釈により異なる(真正のトラピストはミデアム・ライト〜ミデアムの傾向、アビィは極めてフルでクリーミー)。

総合印象:色濃く、非常に濃厚で、複雑な、非常に強いベルジャン・エール。複雑、濃厚、スムース、[飲みやすいので]危険。

歴史:ほとんどの製品がそれぞれのブルワリーの特徴を生かした独特の性質を持つ。

コメント:真正のトラピストはアビィに比べてドライになる傾向があり(ベルギー人は“より消化しやすい”と言う)、アビィの方がむしろ甘くフル・ボディ。終了比重が高めのアビィでは強めの苦味でも差し支えない。バーレイワイン・タイプのビール(例えば、Scaldis/Bush, La Trappe Quadrupel, Weyerbacher QUAD)やスパイス/クリスマス・タイプのビール(例えば、N'ice Chouffe, Affligem Nöel)はこのカテゴリーではなくベルジャン・スペシャルティ・エールのカテゴリー(16E)にエントリーすること。伝統的にボトル・コンディション(“瓶内二次発酵”)。

原料:高アルコール、エステル、時にフェノールを出す傾向のあるベルジャン・イースト種が普通に使われる。水は軟水〜硬水。穀物組成は複雑そうに見えるが、多くの伝統的な製品ではカラメル化した砂糖シロップまたは精製されていない砂糖が添加される程度の極めて簡素で、イーストが複雑さを出す。ホームブルワーはベルジャン・ピルスまたはペールのベース・モルト、モルト感を出すのにミュンヘン・タイプのモルト、特徴づけに他のベルジャン・スペシャルティ・グレインを使うこともある。カラメル化した砂糖シロップまたは精製されていない砂糖はボディを軽めにし、(特に色の濃い砂糖が使われる場合には)色とフレーバーを付ける。ノーブル・タイプ、イングリッシュ・タイプまたはステアリング・ゴールディングス・ホップが普通は使われる。スパイスは一般的には使われないが、もし使われる場合、微妙で奥に潜むくらいに留めておくこと。アメリカ/イギリスのクリスタル・タイプのモルトは避けること(これらは不適切な甘味をもたらす)。

諸元:OG:1.075 - 1.110, FG:1.010 - 1.024, IBUs:20 - 35, SRM:12 - 22, ABV:8 - 11%

市販例:Westvleteren 12 (yellow cap)*, Rochefort 10 (blue cap)*, St. Bernardus Abt 12*, Gouden Carolus Grand Cru of the Emperor, Achel Extra Brune*, Rochefort 8 (green cap)*, Southampton Abbot 12, Chimay Grande Reserve (Blue)*, Brasserie des Rocs Grand Cru, Gulden Draak*, Kasteelbier Bie`re du Chateau Donker, Lost Abbey Judgment Day, Russian River Salvation [*印は日本で入手可能と思われるもの]


Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/functions.php on line 74

2010年04月19日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE