クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

10.アメリカン・エール


ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。

10C.アメリカン・ブラウン・エール

アロマ:モルティ、甘くて濃厚で、多くはチョコレートやカラメル、ナッツ、トーストの性質。ホップ・アロマは一般的に弱〜中。スタイルの解釈により、(全て任意だが)より強いホップ・アロマ、柑橘系のアメリカン・ホップの特徴、新鮮なドライホップ・アロマ等を特色とするものがある。フルーツのエステルは中〜非常に弱い。ダーク・モルトの風味は他のブラウン・エールに比べてより強力だが、ポータの様なほど過度ではない。モルトとホップは通常はつり合っている。ダイアセチルはやや弱〜無し。

外観:明るい〜非常に濃い茶色。透明。少〜中のオフ白〜明るいタン色の泡。

フレーバー:中〜強いモルトのフレーバー(多くはカラメルやトースト、チョコレート等のフレーバーを伴う)で、中〜中強の苦味を伴う。ミデアム〜ミデアム・ドライのフィニッシュがモルトとホップの両者が利いた後味をもたらす。ホップ・フレーバーは弱〜中で、柑橘系の特徴を持つものもある。非常に弱〜中のフルーツのエステル。ダイアセチルはやや弱〜無し。

マウスフィール:ミデアム〜ミデアム・フルのボディ。より苦い製品はドライで樹脂の様な印象がある。中〜やや強い炭酸。強い製品はフィニッシュにアルコールの暖かみがある。

総合印象:より強く、モルティで、ホッピーなノーザン・イングリッシュ・ブラウン・エール、あるいはホッピーだがモルト感の少ないブラウン・ポーターと考えられ、多くはアメリカ産ホップ種の特徴である柑橘系の強いホップ風味を包含する。

コメント:強力に風味のある、ホッピーな茶色のビールでアメリカのホーム・ブルワーによって発明された。アメリカン・ペール・エールとアメリカン・アンバー・エールと同種類だが、カラメルやチョコレートの特徴が強く、ホップの苦味とフィニッシュにバランスしがち。市販のアメリカン・ブラウンのほとんどはオリジナルのホームブルー品や最近のクラフト・ブルー品ほど強烈ではない。IPAくらい強いブラウン・エールはスペシャルティ・ビア・カテゴリー(23)にエントリーすること。

原料:良く発芽したペール・モルト、これはアメリカ産とヨーロッパ産のどちらでも良く、加えてクリスタルやより濃いモルトが入る。アメリカ産ホップが一般的だが英国産またはノーブル・ホップもまた使われる。中程度に炭酸塩を含んだ水がダーク・モルトの酸性度と適度につり合う。

諸元:OG:1.045 - 1.060, FG:1.010 - 1.016, IBUs:20 - 40, SRM:18 - 35, ABV:4.3 - 6.2%

市販例:Bell's Best Brown, Smuttynose Old Brown Dog Ale, Big Sky Moose Drool Brown Ale, North Coast Acme Brown, Brooklyn Brown Ale, Lost Coast Downtown Brown, Left Hand Deep Cover Brown Ale [日本での入手は難しい]

2010年04月01日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE