クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

1.ライト・ラガー


ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。

1E.ドルトムンダー・エキスポート

アロマ:弱〜中の(ドイツまたはチェコ原産の)ノーブル・ホップ・アロマ。適度なピルス・モルトのアロマで穀物的〜やや甘め。(水および/またはイースト由来の)サルファリーなアロマが最初に感じられ、(ピルス・モルト由来の)DMSの弱い特徴が背景に感じられることもある。ダイアセチルは無し。

外観:薄い金色〜濃い金色、透明で持ちの良い白い泡。

フレーバー:ピルス・モルトもノーブルホップも支配的でないが、少々モルティーな甘味を伴って両者が良くバランスしており、スムースな上にクリスピーで爽やかなビールを作っている。バランスは最後まで持続しホップの苦味が余韻としていつまでも残る(フィニッシュがわずかな甘味く感じられる製品もある)。クリーン、フルーティなエステルやダイアセチルは無し。水由来のミネラルの特徴が感じられることもあるが、通常は表立ったミネラル・フレーバーが出てくることは無い。

マウスフィール:ミデアム・ボディで中炭酸。

総合印象:バランスとスムースさがこのスタイルの最大の特徴。ヘレスのモルトの輪郭、ピルスのホップの特徴を合わせ持ち、それが両者のビールよりもわずかに強い。

歴史:ドルトムント工業地域で発祥したスタイルで、最近のドイツではドルトムンダーは衰退してきている。

コメント:硫酸塩で強調されたホップの苦味を補完するための、しっかりとしたモルティなボディと裏に潜むモルト感を出すために、他のライト・ラガーに比べて初期比重がわずかに高く造られる。「エキスポート」という言葉はドイツのビール税法におけるビールの濃度の分類で「ドルトムンダー」スタイルとは厳密には同義語でない。別の市や地域からのビールがエキスポート濃度で造られ、ラベルにそう表示される。

原料:高レベルの硫酸塩、炭酸塩、塩化物を含む鉱水、ドイツまたはチェコ産のノーブル・ホップ、ピルスナーモルト、ドイツ・ラガー・イースト。

諸元:OG:1.048 - 1.056, FG:1.010 - 1.015, IBUs:23 - 30, SRM:4 - 6, ABV:4.8 - 6.0%

市販例:DAB Export, Dortmunder Union Export, Dortmunder Kronen, Ayinger Jahrhundert*, Great Lakes Dortmunder Gold, Barrel House Duveneck's Dortmunder, Bell's Lager, Dominion Lager, Gordon Biersch Golden Export, Flensburger Gold [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月15日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE