クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

13.スタウト


3月1日暫定オープン!

13E.アメリカン・スタウト

アロマ:ロースト・モルトの中〜強いアロマ、多くの場合ローストしたコーヒまたはダーク・チョコレートの資質がある。焦げや炭のアロマは弱〜無し。中〜非常に弱いホップ・アロマは多くの場合柑橘または樹脂の様なアメリカン・ホップの風味がある。エステルがあっても良いが、中程度の強さまでであること。軽いアルコール由来の芳香もまたあっても良い。ダイアセチルは無し。

外観:一般的には漆黒だが非常に濃いブラウンの製品もある。大きく、持ちの良い泡で、薄いタン色〜薄い茶色。たいていは不透明。

フレーバー:中〜非常強いロースト・モルトのフレーバーで、多くはコーヒー、ローストしたコーヒー豆、ブラックまたはほろ苦いチョコレートの味。わずかに焦げたコーヒーを挽いたフレーバーが感じられる場合もあるが、あったとしても顕著であってはならない。弱〜中のモルトの甘味で、多くは濃厚なチョコレートまたはカラメル・フレーバーを伴う。中〜強い苦味。ホップのフレーバーは弱〜強で、一般的には柑橘や樹脂のようなアメリカ種を反映する。軽いエステルが存在することもあるが必要不可欠ではない。中〜ドライなフィニッシュ、時に軽く焦げた特徴がある。ミデアム・レベルまでのアルコールのフレーバーがあっても良いがスムースであること。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム〜フル・ボディ。マウスフィールを高める目的で少量のオーツ麦が使われる場合は特に、ややクリーミーなこともある。ロースト由来の収斂味がわずかに感じられることもあるが、過度であってはならない。中強〜強い炭酸。弱〜やや強いアルコールによる暖かみがあるが、スムースであり、過度に刺激的であってはならない。

総合印象:ホッピー、苦い、強力にローストされた(輸出用の)フォーリン・スタイル・スタウト。

コメント:ロースト・モルトの特徴、モルトの甘味とフレーバー、使われたフィニッシュ・ホップの量の違いがブルワリーによる個性となっている。他の伝統的なスタウトと比べて、ローストしたモルト・フレーバーおよびホップが強い(インペリアル・スタウトを除く)。

原料:普通のアメリカンなベース・モルトとイースト。カラメル型モルト同様、ダークおよびロースト・モルトが多彩に使われる。オートミールのような副原料も使われるが少量。アメリカン・ホップ種。

諸元:OG:1.050 - 1.075, FG:1.010 - 1.022, IBUs:35 - 75, SRM:30 - 40, ABV:5 - 7%

市販例:Rogue Shakespeare Stout*, Deschutes Obsidian Stout, Sierra Nevada Stout, North Coast Old No. 38, Bar Harbor Cadillac Mountain Stout, Avery Out of Bounds Stout, Lost Coast 8 Ball Stout, Mad River Steelhead Extra Stout [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月18日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

アドバンストブルーイング