クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

4.ダーク・ラガー


残りわずかとなりました。注文はお早めに!

4A.ダーク・アメリカン・ラガー

アロマ:モルトのアロマはほとんど〜全く無い。中弱〜無のロースト・モルトおよびカラメルモルトのアロマ。ホップアロマは無〜軽いスパイスまたはフローラルなホップ感。弱いレベルのイースト風味(青リンゴ、DMSまたはフルーツ)があっても良い。ダイアセチルは無し。

外観:濃いアンバー〜暗褐色で、あざやかな透明さとルビー色の輝き。泡立ちは長く続かないこともあり、色は通常明るいタン色。

フレーバー:ややクリスプで弱〜中程度の甘みを伴う。中弱〜無のカラメル・モルトやロースト・モルトのフレーバー(コーヒーやモラセス、ココアと言った風味を含む場合もある)。ホップ・フレーバーは無〜弱。ホップの苦みは弱〜中レベル。ダイアセチルは無し。非常に軽いフルーツさがある場合もある。焦げまたはやや強いのロースト・モルトのフレーバーは欠陥。

マウスフィール:ライト〜少々ミデアムなボディ。スムースだが炭酸の強いビール。

総合印象:スタンダード/プレミアム・[アメリカン・]ラガーのやや甘い製品で、ボディとフレーバーが若干強い。

コメント:広範囲の国際的なラガーで、琥珀色よりは濃く、苦味やローストが強くない。

原料:二条または六条麦、副原料としてコーンまたは米。カラメル・モルトとダーク・モルトが少量使われる。市販品では色素が使われることもある。

諸元:OG:1.044 - 1.056, FG:1.008 - 1.012, IBUs:8 - 20, SRM:14 - 22, ABV:4.2 - 6%

市販例:Dixie Blackened Voodoo, Shiner Bock, San Miguel Dark*, Baltika #4, Beck's Dark, Saint Pauli Girl Dark, Warsteiner Dunkel, Heineken Dark Lager*, Crystal Diplomat Dark Beer [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月26日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

3月1日暫定オープン!

4B.ミューニック・デュンケル

アロマ:濃厚、ミュンヘン・モルトの甘み、パンの皮(時にトースト)のよう。チョコレートやナッツ、カラメル、トフィーの風味もまた許容される。フルーツ・エステルやダイアセチルはあってはならないが、わずかなノーブル・ホップのアロマはあっても良い。

外観:濃い銅色〜暗褐色で多くは赤または深紅がかっている。クリーミーで明るい〜中庸のタン色。通常は透明だが濁った無濾過の製品も存在する。

フレーバー:ミュンヘン・モルトの濃厚で複雑なフレーバが支配的で、通常はメラノイジンを伴いパンの耳を連想させる。やや甘いが、圧倒的であったりくどい甘さではあってはならない。穏やかなカラメル、チョコレート、トーストまたはナッツ感がすることもある。クリスタル・モルト由来の著しいカラメル・フレーバーと同様、ロースト・モルト由来の焦げまたは苦いフレーバは不適切。ホップの苦みはやや弱いが知覚できる程度で、しっかりとモルトよりにバランスしている。ノーブル・ホップのフレーバーは弱〜無し。モルティな後味だがミデアム・ドライなフィニッシュではホップの苦みがよりハッキリすることもある。クリーンなラガーの特徴を持ちフルーツ・エステルやダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム〜ミデアム・フルのボディで、しっかりとしたデキストリンのマウスフィールを備え、重かったりくどい甘さは無い。中炭酸。軽い収斂味やわずかなアルコールによる暖かみを感じることもある。

総合印象:ミュンヘン・モルトとそれに付随するメラノイジンの深みと複雑さによって特徴づけられる。濃厚なミュンヘンのフレーバーだが、ボックのような強さやシュバルツビアのようなローストさではない。

歴史:ミュンヘンの伝統的なブラウン・ラガー・スタイルで、やや炭酸塩を含んだ水のため、色が濃く、モルト風味の強いビールとして一部で発展した。ミュンヘン発祥ではあるがババリア地方(特にフランケン)全域で非常に普及した。

コメント:ドイツで生産される無濾過の製品は液体のパンのような味で、イーストっぽく、土っぽい濃厚さがあるがこれらの特徴は輸出向けに濾過されたデュンケルには見られない。

原料:穀類原料は伝統的にジャーマン・ミュンヘン・モルト(場合によっては100%)と残りはジャーマン・ピルス・モルト。少量のクリスタル・モルトがデキストリンと色を加えるために使われることもあるが過度に甘味が残ってはならない。色付けにロースト・モルト(カラファやチョコレート)がわずかに使われることもあるが、強いフレーバーを付けてはならない。ドイツのノーブル・ホップ種とジャーマン・ラガー・イースト種を使うこと。やや炭酸塩を含んだ水。モルト・フレーバーを高めると同時に色の深みを出すために多くはデコクション・マッシュ(トリプル・デコクションまで)が使われる。

諸元:OG:1.048 - 1.056, FG:1.010 - 1.016, IBUs:18 - 28, SRM:14 - 28, ABV:4.5 - 5.6%

市販例:Ayinger Altbairisch Dunkel, Hacker-Pschorr Alt Munich Dark, Paulaner Alt Münchner Dunkel, Weltenburger Kloster Barock-Dunkel, Ettaler Kloster Dunkel, Hofbräu Dunkel, Penn Dark Lager, König Ludwig Dunkel, Capital Munich Dark, Harpoon Munich-type Dark Beer, Gordon Biersch Dunkels, Dinkel Acker Dark. In Bavaria, Ettaler Dunkel, Löwenbräu Dunkel, Hartmann Dunkel, Kneitinger Dunkel, Augustiner Dunkel.

2010年03月26日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。

4C.シュバルツビア(ブラック・ビア)

アロマ:弱〜中のモルトで、弱い芳香性の甘味やロースト・モルトの気配がはっきりとしていることが多い。モルトはクリーンで際だった特徴のない中性的、または濃厚でミュンヘン的であり、カラメル感が感じられることもある。ローストはコーヒーのようだが決して焼け焦げた感じではないこと。弱いノーブル・ホップ・アロマがあっても良い。クリーンなラガー・イースト風味(軽い硫黄は可)でフルーツ・エステルもダイアセチルも無い。

外観:色は中〜非常に濃い茶色で、多くは濃いルビー〜深紅の輝きがあり、ほとんど真っ黒ではない。非常に透明。大きく、持ちの良いタン色の泡。

フレーバー:低〜中のモルト・フレーバーでクリーンで際だった特徴のない中性的な特徴〜濃厚、甘い、ミュンヘン的な強さがある。軽〜中のローストしたモルト・フレーバーはフィニッシュまで残るビター・チョコレートの味わいを加えるが、決して焼け焦げた感じではない。中弱〜中の苦味がフィニッシュまで残る。軽〜中のノーブル・ホップ・フレーバー。クリーンなラガーの風味で、フルーツ・エステルもダイアセチルも無い。後味はゆっくりと渇き長く残る傾向で、ホップの苦味を中心にしながら補助的であるが微妙なロースティさを背後に伴う。残留の甘味はあっても良いが必要ではない。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムなボディ。中〜やや強い炭酸。スムース。ダークなローストしたモルトを使っているにもかかわらずザラザラ感、収斂味は無い。

総合印象:ダークなジャーマン・ラガーでローストだがスムースなモルト・フレーバーにバランスし中程度のホップの苦味を伴う。

歴史:ドイツの南チューリンゲンから北フランケンにかけての地域の特産品で、ミューニック・デュンケル・スタイルの派生種と思われる。

コメント:ミューニック・デュンケルに比べると通常、色は濃く、味覚はドライでバランスをモルト主体にする顕著な(しかし強くない)ローストしたモルトの鋭さを伴う。“ブラック・ピルス”と呼ばれることもある一方、それほど濃いことはめったに無い。強くローストした、ポータのようなフレーバーを期待しないこと。

原料:ジャーマン・ミュンヘン・モルトとピルスナー・モルトがベースで(カラファと言った)ローストしたモルトが少量添加され、濃い色と微妙なロースト・フレーバーを醸し出す。ノーブル・タイプのジャーマン・ホップ種とクリーンなジャーマン・ラガー・イーストが好ましい。

諸元:OG:1.046 - 1.052, FG:1.010 - 1.016, IBUs:22 - 32, SRM:17 - 30, ABV:4.4 - 5.4%

市販例:Köstritzer Schwarzbier*, Kulmbacher Mönchshof Premium Schwarzbier, Samuel Adams Black Lager, Krušovice Cerne, Original Badebier, Einbecker Schwarzbier, Gordon Biersch Schwarzbier, Weeping Radish Black Radish Dark Lager, Sprecher Black Bavarian [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月26日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE