クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

6.ライト・ハイブリッド・ビア


ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。

6B.ブロンド・エール

アロマ:軽〜中程度に甘いモルティなアロマ。弱〜中程度のフルーティーさは任意だがあっても良い。弱〜中程度のホップ・アロマがあり、ほとんどのホップ種が使われる。ダイアセチルは無し。

外観:薄い黄色〜濃い金色。透明〜輝く様な透明。少〜中程度の白い泡で、泡持ちは並〜良い。

フレーバー:最初に柔らかなモルトの甘みがあるが、軽い特徴を持つモルトのフレーバー(例えばパンやトースト、ビスケット、小麦など)が感じられても良い。カラメルのフレーバーは一般的には感じられない。弱〜中程度のエステル類は任意だが、多くの製品では良く見受けられる。軽〜中程度のホップ・フレーバー(どんな種類でも)があるが、過度に強力ではならない。弱〜中程度の苦みだが、通常はモルト側に傾いている。フィニッシュはミデアム・ドライ〜やや甘め。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。中〜高い炭酸。スムースで、ざらざらした苦みや収斂味は無い。

総合印象:飲みやすく、親しみやすい、モルト志向のアメリカン・クラフト・ビール。

歴史:現在では多くの(アメリカの)マイクロブルワリーやブルーパブで製造されている。地域に特化した製品(西海岸のブルーパブで製造されている多くの製品はペール・エールのようによりハッキリとした特徴的を持つ)も存在するが多くの地域ではこのビールはクラフト・ビールへの入門的な位置づけとして設計されている。

コメント:一般的なアメリカン・ブロンド・エールに加えて、このカテゴリーには現代的なイングリッシュ・サマー・エール、アメリカン・ケルシュ・ビール、ほとんど特徴のない[大人しい]アメリカンおよびイングリッシュ・ペール・エールが含まれる。

原料:通常はオール・モルトだが25%までの小麦または糖類を含むこともある。様々なホップ種が使われる。クリーンなアメリカン・タイプ、軽くフルーティーなイングリッシュ・タイプもしくはケルシュ・タイプのイースト。ラガー・イーストで作られたり低温熟成がなさることもある。ハチミツ、スパイス、フルーツ等が添加される製品もあるが、こう言った原料が下地のフレーバーよりも強い場合はスペシャルティ[23]やスパイス[21A]、フルーツ・ビール[20]のカテゴリーにエントリーすること。エクストラクトで作る場合は最も色の薄いモルト・エキスを用い、煮込みによるカラメル化を避けること。

諸元:OG:1.038 - 1.054, FG:1.008 - 1.013, IBUs:15 - 28, SRM:3 - 6, ABV:3.8 - 5.5%

市販例:Pelican Kiwanda Cream Ale, Russian River Aud Blonde, Rogue Oregon Golden Ale, Widmer Blonde Ale, Fuller's Summer Ale, Hollywood Blonde, Redhook Blonde

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

残りわずかとなりました。注文はお早めに!