クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

6.ライト・ハイブリッド・ビア


HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE

6D.アメリカン・ウィートまたはライ・ビール

アロマ:弱〜中の穀物的な小麦またはライ麦の風味。いくばくかのモルトの甘味はあっても良い。エステルは中〜無だがアメリカン・イーストの特徴が表れていること。ジャーマン・ヘフヴァイツェンに見られるクローブやバナナのアロマは不適切。ホップ・アロマは弱〜中で、柑橘系のアメリカン・ホップの風味、あるいはスパイシーまたはフローラルなノーブル・ホップの風味のどちらでも良い。わずかにクリスプなシャープさは任意[あってもなくても良い]。ダイアセチルは無し。

外観:通常は薄い黄色〜金色。透明度は鮮やかなものからジャーマン・ヘフヴァイツェンに近いイーストで濁ったものまで様々。大きく持ちの良い白い泡。

フレーバー:軽〜やや強い穀物的な小麦またはライ麦のフレーバで最後まで消えずに残る。ライ・ビールの方が小麦ビールよりも濃厚でスパイシー。中程度のモルトの甘みがあったり、フィニッシュが極めてドライであったりしても良い。ホップの苦みは弱〜中程度で、最後まで尾を引くこともある。弱〜中程度のホップ・フレーバー(柑橘系のアメリカ種あるいはスパイシーまたはフローラルなノーブル種)。エステルは中〜無しだが、ジャーマン・ヴァイツェンの特徴(バナナ風味)を帯びていてはならない。クローブのフェノールは不可だが、小麦やライ麦由来の軽いスパイス風味は可。わずかにクリスプまたはシャープなフィニッシュ。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。炭酸は中強〜強。強い製品ではアルコールによる暖まり感が少しある。

総合印象:ドイツ版に比べてホップの特徴を前面に出し、イーストの特徴を控えめにした、爽快な小麦またはライ麦のビール。

コメント:飲みやすく結構甘いものから小麦またはライ麦の強力なフレーバーを伴い大量にホップを使ったドライなものまで様々なバリエーションがある。デュンケルヴァイツェンに似ている(色だけでなく濃色で濃厚なモルト・フレーバーを伴う)色の濃い製品はスペシャルティ・ビアのカテゴリーにエントリーすること。ライ麦を使った場合はその旨を明記すること。主となるグレインが明記されていない場合は小麦がそれだと仮定して審査する。

原料:クリーンなアメリカン・エールのイーストだがラガーとして作られることもある。小麦モルトが大部分を占める(多くは50%かそれ以上であるがドイツのように法律で決まっているわけではない)。アメリカ種またはノーブル種のホップ。アメリカン・ライ・ビールは小麦の一部または全てをライ麦で置き換えた同じガイドラインに従うこと。他のベース・スタイル(例えばIPAやスタウト)で顕著なライの特徴を有する作品はスペシャルティ・ビア・カテゴリ(23)にエントリーすること。

諸元:OG:1.040 - 1.055, FG:1.008 - 1.013, IBUs:15 - 30, SRM:3 - 6, ABV:4 - 5.5%

市販例:Bell's Oberon, Harpoon UFO Hefeweizen, Three Floyds Gumballhead, Pyramid Hefe-Weizen, Widmer Hefeweizen, Sierra Nevada Unfiltered Wheat Beer, Anchor Summer Beer, Redhook Sunrye, Real Ale Full Moon Pale Rye

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

残りわずかとなりました。注文はお早めに!