クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

13.スタウト


残りわずかとなりました。注文はお早めに!

13B.スイート・スタウト

アロマ:穏やかなロースト・グレイ・アロマ、時にはコーヒーやチョコレートの特徴を伴う。多くはクリームの様な甘い感じがある。フルーティさは弱〜やや強。ダイアセチルは弱〜無。ホップ・アロマは弱〜無。

外観:非常に濃い茶〜黒色。不透明なこともある(そうでなければ透明)。クリーミーなタン〜茶色の泡。

フレーバー:ドライ・スタウトに見られるように濃いロースト・グレインおよびモルトがフレーバーを支配的し、コーヒーやチョコレートのフレーバーを醸す。ホップの苦味は中(ドライ・スタウトよりは弱い)。中〜強い甘味(多くはラクトースの添加によるもの)がロースト風味やホップの苦味とは対照的なフレーバーを与え、それが最後まで残る。弱〜中のフルーツ・エステル。ダイアセチルは弱〜無し。ダーク・グレイン/モルトと甘味のバランスには幅があり、極めて甘い〜中程度にドライでややロースティ。

マウスフィール:ミデアム・フル〜フル・ボディでクリーミー。弱〜中の炭酸。非発酵の糖による高残糖感が強い味わいのマウスフィールを増強する。

総合印象:非常に色濃く、甘い、フル・ボディ、かすかにロースティなエール。多くは甘くしたエスプレッソの味。

歴史:スタウトの英国スタイル。歴史的には“ミルク”または“クリーム”・スタウトと知られ、英国では法律上この呼称はもはや許されていない(がどこでも通用する)。“ミルク”はラクトースやミルク・シュガーを甘味料として使用することに由来。

コメント:英国では比重が低いものの、輸出向け製品または米国製品は高めである。残糖の量、ロースト風味の強さ、その二つのバランスにより派生種が存在し、その変化量は[スタイルの]解釈による。

原料:ほとんどのスイート・スタウトの甘味はドライ・スタウトよりも弱い苦味および高い割合で非発酵のデキストリンが存在することに由来する。非発酵の糖であるラクトースは残糖感を多くするために頻繁に使われる。ペール・モルトをベースにロースト・バーレイ、ブラック・モルト、チョコレート・モルト、クリスタル・モルト、そしてメイズや糖蜜(treacle)といった副原料が使われる。高炭酸塩の水を使うのが普通

諸元:OG:1.044 - 1.060, FG:1.012 - 1.024, IBUs:20 - 40, SRM:30 - 40, ABV:4 - 6%

市販例:Mackeson's XXX Stout, Watney's Cream Stout, Farson's Lacto Stout, St. Peter's Cream Stout, Marston's Oyster Stout, Sheaf Stout, Hitachino Nest Sweet Stout (Lacto)*, Samuel Adams Cream Stout, Left Hand Milk Stout, Widmer Snowplow Milk Stout [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月17日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。