クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

9.スコティッシュ&アイリッシュ・エール


3月1日暫定オープン!

9B.スコティッシュ・ヘヴィ・70シリング

スコティッシュ・エール・サブカテゴリー(9A, 9B, 9C)は全て同じ記載となる。スコティッシュ・エール・サブスタイルは主に比重とアルコール度により区別されるが、強い方が必然的にフレーバーの強度がわずかに上がる(モルトが増えた分ホップの苦味も上がる)。エントリーする場合は初期比重とアルコール度を基準に適切なカテゴリーを選ぶこと。

アロマ:弱〜中のモルティな甘味で、弱〜中の煮沸時のカラメル化によってそれが強調されることもある。弱いホップ・アロマ、軽いフルーツさ、弱いダイアセチル、弱〜中のピート・アロマ等(全て任意)が感じられる製品もある。ピートのアロマは土、スモーキー、非常に軽いロースト等に感じられることもある。

外観:濃いアンバー〜濃い銅色。長く少し低い温度で発酵されるため通常は非常に透明。弱〜中のクリーミーなオフ白〜明るいタン色の泡。

フレーバー:モルトが主要なフレーバーであるが過度に強くはない。 弱〜中の煮沸時におけるカラメル化により一般に最初のモルトの甘味が強調され、時として弱いダイアセチル成分を纏うことがある。フルーツ・エステルは中〜無し。ホップの苦味は弱から中だがバランスは常にモルトに傾いている(完全に常にではないが例外はほとんどない)。ホップ・フレーバーは弱〜無し。弱〜中のピート風味が感じられることもあり、土やスモーキーに感じられることもある。通常は少量のロースト・バーレイによる穀物的でドライなフィニッシュ。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。弱〜中の炭酸。少々クリーミーな時もあるが多くはロースト・バーレイを使うことにより極めてドライ。

総合印象:クリーンなモルト感でドライなフィニッシュ、場合によってはエステル類、時には極わずかなピートの土(スモーク)さを合わせ持つ。比較的甘い味覚の割にほとんどのビールがかなりドライで、ストロング・スコッチ・エールとは違うバランス。

歴史:土地固有の原料(水、モルト)を反映した伝統的なスコットランドのセッション・ビールで、イングランドのそれに比べてホップをほとんど使わない(輸入する必要があるため)。長期に渡って少し低い温度で発酵する手法はスコットランドの伝統的な醸造法である。

コメント:モルトとホップのバランスは少し〜中程度にモルト側に傾いている。どのカラメル化も煮沸時におけるカラメル化(ダイアセチルと間違われることがある)由来でありカラメル・モルト由来ではない。スモーク風味がピート燻モルトの使用ではなくイーストまたは水に由来することが稀にある。ピート燻モルトを使ってピート風味を出すことはやめるべきで、過度にスモーキーなビールはアザー・スモークト・ビール・カテゴリー(22B)にエントリーすること。

原料:スコットランド産またはイングランド産のペールなベース・モルト。ロースト・バーレイを少量加えることで色ととフレーバーを付け、ドライでわずかにロースティなフィニッシュを添える。イングランド産ホップ。クリーンで比較的発酵度の低いエール・イースト。クリスタル・モルト、アンバー・モルト、小麦モルトや砂糖のような副原料等を少量加える商業ブルワーもいる。ピート、土、スモーク等のキャラクターがある場合、それらはスモーク・モルトの使用ではなく伝統的なイーストや地元のモルトおよび水に由来するものである。

諸元:OG:1.035 - 1.040, FG:1.010 - 1.015, IBUs:10 - 25, SRM:9 - 17, ABV:3.2 - 3.9%

市販例:Caledonian 70/- (アメリカではCaledonian Amber Ale), Belhaven 70/-, Orkney Raven Ale, Maclay 70/-, Tennents Special, Broughton Greenmantle Ale

2010年03月05日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

ただいまお試し期間中!お気軽にご連絡下さい。