クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

12.ポーター


残りわずかとなりました。注文はお早めに!

12C.バルチック・ポーター

アロマ:濃厚なモルトの甘味で多くはカラメル、トフィー、ナッツから強めのトースト、リコリス等の風味を伴う。複雑なアルコールとエステルの特徴が中くらいの強さで、プラムやプルーン、レーズン、チェリー、カランツ[小粒の種無し干しぶどう]を連想させ、時折ポートワインのような資質を有する。ダーク・モルトの特徴は濃いチョコレート、コーヒーまたはモラセスといった感じだが、焦げの特徴はあってはならない。ホップは無し。サワーな酸味もなし。非常にスムース。

外観:濃い赤みがかった銅色〜不透明な濃い茶色(黒ではない)。厚く持ちの良いタン色の泡。透明だが色濃いものでは不透明なこともある。

フレーバー:アロマ同様、濃厚なモルトの甘味があり深煎りモルトやドライ・フルーツのエステル、アルコール等が複雑に混ざり合っている。顕著だがスムースなシュバルツビアに似たロースト・フレーバーで、焼け焦げまではいかない。マウス・フィリングで非常にスムース。クリーンなラガーの特徴でダイアセチルは無し。最初は甘いがすぐに濃いモルトのフレーバーが支配的となり、フィニッシュまでそれが持続する。ドライな舌触りでフィニッシュはロースト・コーヒーやリコリスを思わせる。モルトはカラメル、トフィー、ナッツ、モラセス、リコリス等の複雑さを持ち合わせる。黒カランツ[フサスグリ]やダーク・フルーツを軽く思わせる。モルトやホップ由来の中弱〜中の苦味で、単にバランスを取るだけ。少々スパイス的なホップ(ルブリンまたはザーツ種)由来のホップ・フレーバーは無〜中弱。

マウスフィール:一般的にはかなりフル・ボディだがスムースで良く熟成したアルコールによる暖かみがある(より珍しい比重の低いカーネギー・スタイルではミデアム・ボディで暖かみはほとんどない)。中〜中強の炭酸が、マウス・フィリング感をより高めている。炭酸の強さのおかげで舌の上では重い感じではない。ほとんどはアルコール7〜8.5%の範囲にある。

総合印象:バルティック・ポーターの多くは、イングリッシュ・ブラウン・ポータを思わせるモルト・フレーバーとシュバルツビアの控え目なローストを有するが、初期比重ならびにアルコール度は両者よりも高い。非常に複雑で多彩なフレーバーを持つ。

歴史:バルト海沿岸諸国発祥の伝統的なビール。イングリッシュ・ポータに起源を持つがロシアン・インペリアル・スタウトの影響を受けている。

コメント:インペリアル・ポーターと記述されることもあるが、ローストやホップの強い製品はインペリアル・スタウト(13F)またはスペシャルティ・ビア(23)としてエントリーすること。

原料:一般的にはラガー・イースト(エール・イーストを使う場合は低温で発酵)。苦味のないチョコレートまたはブラック・モルト。ミュンヘンまたはウィーンのベース・モルト。ヨーロッパ産ホップ。クリスタル・モルトや副原料を含むこともある。歴史上のレシピではブラウンまたはアンバー・モルトが共通して見られる。

諸元:OG:1.060 - 1.090, FG:1.016 - 1.024, IBUs:20 - 40, SRM:17 - 30, ABV:5.5 - 9.5%

市販例:Sinebrychoff Porter (フィンランド), Okocim Porter (ポーランド), Zywiec Porter (ポーランド), Baltika #6 Porter* (ロシア), Carnegie Stark Porter (スウェーデン), Aldaris Porteris (ラトビア), Utenos Porter (リトアニア), Stepan Razin Porter (ロシア), Nøgne ø porter (ノルウェー), Neuzeller Kloster-Bräu Neuzeller Porter* (ドイツ), Southampton Imperial Baltic Porter [*印は日本で入手可能なもの]

2010年03月30日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

アドバンストブルーイング