クイック・メニュー

 

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/styles.php on line 131
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

12.ポーター


HOMEBREW UPDATES from YOSEMITE

12A.ブラウン・ポーター

アロマ:マイルドなロースティさを伴ったモルト・アロマが顕著で、チョコレートの風味がすることもある。ローストしていないモルトの特徴(カラメル、穀物、パン、ナッツ、トッフィー、甘い等と言った)を下地に有することもある。英国産ホップのアロマは中〜無し。フルーツ・エステルも中〜無し。ダイアセチルは弱〜無し。

外観:明るい茶色〜濃い茶色で、たいていは光にかざすとルビー色に輝く。透明度は良好だが、不透明に近いこともある。オフ白〜明るいタン色をした中程度の泡で、泡持ちは良〜まずまず。

フレーバー:モルト・フレーバーが軽〜中程度のロースティさ(チョコレートの特徴を伴うことが多い)と多くは著しいカラメル、ナッツ、トッフィー等の特徴を含む。コーヒー、リコリス[甘草]、ビスケット、トーストと言った別の副次的なフレーバーが下地に表れていることもある。ブラック・モルトの特徴(酸味、焦げ、ざらざらしたロースのフレーバー)は顕著に表れていてはならないが、少なければビター・チョコレートの複雑さに寄与する。英国産ホップのフレーバーは中〜無し。中弱〜中のホップの苦味によってバランスがわずかにモルティ〜わずかに苦いの範囲で変化する。通常はかなり良く発酵しているが、わずかに甘い製品も存在する。ダイアセチルはやや弱〜無し。中〜弱いフルーツ・エステル。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムなボディ。中程度よりやや弱め〜やや強めのカーボネーション。

総合印象:かなりしっかりとしたイングリッシュ・ダーク・エールで、ロースティな特徴は控えめ。

歴史:英国発祥でポーターは“エンタイア”として知られる複数のビールまたはガイル(発酵麦汁)を混合した飲み物から発展した。スタウトの前身。荷物運びに従事している人[ポーター]やそれ以外の肉体労働者に好まれたと言われている。

コメント:ロブスト・ポーターとの違いは、通常はよりソフト、甘くてカラメルのフレーバーを持ち、低比重で、一般的には低いアルコールを持つ点である。ブラウン・エールよりは中身が濃くやロースト感が強い。ダーク・マイルドより高い比重。ラガー・イーストを使って発酵される製品もある。ホップよりはモルトに傾いたバランス。一般的に“イングリッシュ”的な特徴を有する。ブレタノマイセス、酸味、スモーキーさを伴った歴史上のポーターはスペシャルティ・ビア・カテゴリー(23)にエントリーすること。

原料:英国産原料が最も一般的。チョコレートおよび他のダーク・ロースト・モルト、カラメル・タイプのモルトを含んだいくつかのモルトが成分。歴史上のポーターはブラウン・モルトをかなり使ったものらしい。通常はブラック・パテント・モルトまたはロースト麦は大量に入っていない。英国産ホップが最も一般的だが、通常は弱い。ロンドンまたはダブリンタイプ(中程度の炭酸塩を含む硬度)の水が伝統。イングリッシュまたはアイリッシュ・エール・イースト、もしくは時折ラガー・イーストが使われる。(砂糖、トウモロコシ、糖蜜等)の副原料をわずかに含むこともある。

諸元:OG:1.040 - 1.052, FG:1.008 - 1.014, IBUs:18 - 35, SRM:20 - 30, ABV:4 - 5.4%

市販例:Fuller's London Porter, Samuel Smith Taddy Porter, Burton Bridge Burton Porter, RCH Old Slug Porter, Nethergate Old Growler Porter, Hambleton Nightmare Porter, Harvey's Tom Paine Original Old Porter, Salopian Entire Butt English Porter, St. Peters Old-Style Porter, Shepherd Neame Original Porter, Flag Porter, Wasatch Polygamy Porter


Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/functions.php on line 74

2010年03月08日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

アドバンストブルーイング

12B.ロブスト・ポーター

アロマ:ロースト・アロマ(多くは軽い焦げ、ブラック・モルトの特徴)が顕著でやや強い。付加的なモルトの特徴(穀物、パン、トッフィー、カラメル、チョコレート、コーヒー、濃厚、甘味)が下地に表れていても良い。ホップ・アロマは弱〜強(アメリカ種またはイングランド種)。アメリカ・タイプではドライ・ホップされることもある。フルーツ・エステルは中〜無し。ダイアセチルは弱〜無し。

外観:中くらいの茶色〜非常に濃い茶色、多くはルビーまたはガーネットの様な輝きがある。色は黒に近いこともある。こう言ったダーク・ビールでは透明度の識別は難しいが、(特に光にかざした場合)不透明でなければ透明。豊富な、タン色の泡でやや持ちが良い。

フレーバー:適度に強いモルト・フレーバーが、軽い焦げ、ブラック・モルトの特徴(および時にはチョコレートやコーヒーのフレーバー)をなすのが通常で、フィニッシュに少量のローストしたドライさを伴う。全体的なフレーバーはドライ〜中甘くらいで仕上げられるが、麦芽の配合、ホップのビタリングの程度、発酵の度合いなどに依存する。深くローストしたグレイン由来のシャープな特徴だが、酸味や焦げ、ザラザラ感が過度に出ていてはならない。中〜強い苦味で、ロースト・モルトによって引き立たせられる。ホップ・フレーバーは弱〜やや強(典型的には米国または英国種)と変化し、ロースト・モルトのフレーバーと釣り合いが取れている。ダイアセチルは弱〜無し。フルーツ・エステルは中〜無し。

マウスフィール:ミデアム〜ミデアム・フルのボディ。やや弱〜やや強い炭酸。強めの製品はわずかにアルコールによる温まり感がある。ローストしたグレインによるわずかな収斂味があることもあるが、強すぎてはいけない。

総合印象:しっかりとしたモルト感のあるダーク・エールで、複雑で風味豊かなローストの特徴を有する。

歴史:より強く、よりホッピーでよりローストの強いポーターで、歴史懐古またはこのスタイルをアメリカンに味付けることを目指したもの。伝統的にはより微妙なホップ風味(多くは英国風)である一方、現代版はかなり積極的[なホップ風味]。どちらも等しく[このスタイルとして]正しい。

コメント:醸造者の解釈によるところの大きい広いスタイルであるが、スタウトとは強いローストした大麦の風味が無いことで区別される。ブラウン・ポーターとの違いは、ブラック・パテントまたはローストした穀物の風味が一般的には出ていること、アルコールが高いことにある。ローストの強さおよびモルト・フレーバーもまた著しく変化する。強いホップ風味の有無および著しい発酵による副生成物の有無によって“米国風”または“英国風”になる。

原料:数種類のモルト、顕著に深くローストしたモルトやグレインが使われる。ブラック・パテント・モルト(モノによってはチョコレート・モルトやローステッド・バーレイが使われることもある)が含まれることも多い。ホップはビタリング、フレーバー、アロマ等に使われ、そのほとんどが英国または米国種。水は中〜高い炭酸塩を含むのが典型的。クリーンな米国種のイーストまたは特徴のある英国種のイースト。

諸元:OG:1.048 - 1.065, FG:1.012 - 1.016, IBUs:25 - 50, SRM:22 - 35, ABV:4.8 - 6.5%

市販例:Great Lakes Edmund Fitzgerald Porter, Meantime London Porter, Anchor Porter, Smuttynose Robust Porter, Sierra Nevada Porter, Deschutes Black Butte Porter, Boulevard Bully! Porter, Rogue Mocha Porter, Avery New World Porter, Bell's Porter, Great Divide Saint Bridget's Porter


Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/functions.php on line 74

2010年03月08日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

残りわずかとなりました。注文はお早めに!

12C.バルチック・ポーター

アロマ:濃厚なモルトの甘味で多くはカラメル、トフィー、ナッツから強めのトースト、リコリス等の風味を伴う。複雑なアルコールとエステルの特徴が中くらいの強さで、プラムやプルーン、レーズン、チェリー、カランツ[小粒の種無し干しぶどう]を連想させ、時折ポートワインのような資質を有する。ダーク・モルトの特徴は濃いチョコレート、コーヒーまたはモラセスといった感じだが、焦げの特徴はあってはならない。ホップは無し。サワーな酸味もなし。非常にスムース。

外観:濃い赤みがかった銅色〜不透明な濃い茶色(黒ではない)。厚く持ちの良いタン色の泡。透明だが色濃いものでは不透明なこともある。

フレーバー:アロマ同様、濃厚なモルトの甘味があり深煎りモルトやドライ・フルーツのエステル、アルコール等が複雑に混ざり合っている。顕著だがスムースなシュバルツビアに似たロースト・フレーバーで、焼け焦げまではいかない。マウス・フィリングで非常にスムース。クリーンなラガーの特徴でダイアセチルは無し。最初は甘いがすぐに濃いモルトのフレーバーが支配的となり、フィニッシュまでそれが持続する。ドライな舌触りでフィニッシュはロースト・コーヒーやリコリスを思わせる。モルトはカラメル、トフィー、ナッツ、モラセス、リコリス等の複雑さを持ち合わせる。黒カランツ[フサスグリ]やダーク・フルーツを軽く思わせる。モルトやホップ由来の中弱〜中の苦味で、単にバランスを取るだけ。少々スパイス的なホップ(ルブリンまたはザーツ種)由来のホップ・フレーバーは無〜中弱。

マウスフィール:一般的にはかなりフル・ボディだがスムースで良く熟成したアルコールによる暖かみがある(より珍しい比重の低いカーネギー・スタイルではミデアム・ボディで暖かみはほとんどない)。中〜中強の炭酸が、マウス・フィリング感をより高めている。炭酸の強さのおかげで舌の上では重い感じではない。ほとんどはアルコール7〜8.5%の範囲にある。

総合印象:バルティック・ポーターの多くは、イングリッシュ・ブラウン・ポータを思わせるモルト・フレーバーとシュバルツビアの控え目なローストを有するが、初期比重ならびにアルコール度は両者よりも高い。非常に複雑で多彩なフレーバーを持つ。

歴史:バルト海沿岸諸国発祥の伝統的なビール。イングリッシュ・ポータに起源を持つがロシアン・インペリアル・スタウトの影響を受けている。

コメント:インペリアル・ポーターと記述されることもあるが、ローストやホップの強い製品はインペリアル・スタウト(13F)またはスペシャルティ・ビア(23)としてエントリーすること。

原料:一般的にはラガー・イースト(エール・イーストを使う場合は低温で発酵)。苦味のないチョコレートまたはブラック・モルト。ミュンヘンまたはウィーンのベース・モルト。ヨーロッパ産ホップ。クリスタル・モルトや副原料を含むこともある。歴史上のレシピではブラウンまたはアンバー・モルトが共通して見られる。

諸元:OG:1.060 - 1.090, FG:1.016 - 1.024, IBUs:20 - 40, SRM:17 - 30, ABV:5.5 - 9.5%

市販例:Sinebrychoff Porter (フィンランド), Okocim Porter (ポーランド), Zywiec Porter (ポーランド), Baltika #6 Porter* (ロシア), Carnegie Stark Porter (スウェーデン), Aldaris Porteris (ラトビア), Utenos Porter (リトアニア), Stepan Razin Porter (ロシア), Nøgne ø porter (ノルウェー), Neuzeller Kloster-Bräu Neuzeller Porter* (ドイツ), Southampton Imperial Baltic Porter [*印は日本で入手可能なもの]


Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/beer/www/beerstyles/functions.php on line 74

2010年03月29日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

3月1日暫定オープン!