クイック・メニュー

 
最終更新日(本文):2011年03月20日
(2010年4月21日から)

7.アンバー・ハイブリッド・ビア


アドバンストブルーイング

7A.ノーザン・ジャーマン・アルトビア

アロマ:微妙にモルティ、時として穀物的なアロマ。弱〜無のノーブル・ホップのアロマ。クリーン、ラガーの特徴で非常に抑えられたエステルを伴う。ダイアセチルは無し。

外観:明るい銅色〜明るい茶色で、長期の低温熟成により非常にクリア。弱〜中程度のオフ白〜純白で持ちの良い泡。

フレーバー:まずまずの苦味だがスムースで時として甘いモルトの特徴によりバランスが取れており、リッチ、ビスケット、軽いカラメル等のフレーバーを有する。ドライなフィニッシュで、多くの場合、長く残る苦味を伴う。クリーン、ラガーの特徴で時にはわずかな硫黄感を伴い、エステルは極弱〜無し。極弱〜中程度のノーブルホップのフレーバー。ダイアセチルは無し。

マウスフィール:ミデアム・ライト〜ミデアムのボディ。中程度〜やや高めの炭酸。スムースなマウスフィール。

総合印象:非常にクリーンで比較的苦いビールで、モルトの特徴によりバランスがとれている。一般的には濃色で、時としてカラメル感がより強く、通常はデュッセルドルフ・アルトビアよりも甘めで苦味が弱い。

コメント:デュッセルドルフ以外で造られているアルトビアのほとんどがこのノーザン・ジャーマン・スタイルである。ほとんどがやや苦いブラウン・ラガーに過ぎない。“アルト”は昔の醸造方法(つまりエール醸造)を指すが“アルトビア”と言った場合にはやや正確さに欠け適当ではない。これらはエールとして造られるものの、発酵温度はエールとしては低めの温度であり、加えて低温でラガーリングもされる(デュッセルドルフ・アルトも同様)。

原料:一般的にはピルスがベースで作られローステッド・モルトまたはダーク・クリスタルを使って色付けされる。ミュンヘンまたはウィーン・モルトを少量含むこともある。ノーブル・ホップ。通常は発酵性のラガー・イーストで作られる。

諸元:OG:1.046 - 1.054, FG:1.010 - 1.015, IBUs:25 - 40, SRM:13 - 19, ABV:4.5 - 5.2%

市販例:DAB Traditional, Hannen Alt, Schwelmer Alt, Grolsch Amber*, Alaskan Amber, Long Trail Ale, Otter Creek Copper Ale, Schmaltz' Alt [*印は日本で入手可能なのも]

2010年03月16日更新

カテゴリー・インデックスに戻る

3月1日暫定オープン!